TOP
45.22score

miceri

成人式の外食産業サービスと美しい所作

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

成人の式を終えると、多くは、幼き日に出会った仲間達と、酒の席に向かう事でしょう。

温かい環境で見守り続けてくれた、父、母、祖父、祖母、祝に駆け付けてくれる人達と過ごす、孝行人も少なからずいるはずです。

その時、一緒に食事、外食をする事が、多いのではないでしょうか?

着物を、常用してお召しになる人には、有り触れた光景かもしれません。

しかし、成人式となると、大人になって、初めて着物を羽織る人も多いはずです。

着物を、汚してしまうと、染み抜き、クリーニング代金が、余計に、高額となります。

・自宅で、洗濯できる着物も、増えていますが、振袖となると、クリーニングに出すほうが良いでしょう。

・相場は丸洗いに、一万五千円前後、染み抜きが追加されると、五千円前後の料金が、追加されると、見込んでおきます。

そうなると、初めて、着物を羽織る、初心者の人は、食事をするのも、緊張すべきなのでしょうか?

・着物を羽織り、食事をする心得として、エプロン状に、前を隠す技量は欲しいところでしょう。

《サービスの美しい所作》

サービス飽和が目立ち、買い手へ過剰な変化を与えています。
度々問題視されていますが、成人式の日の、着物をお召しになった客へのサービスとして、
「宜しければ、こちらを、御使い下さい。」の一言と、ナプキンを用意できるくらいが、美しい所作といえるかもしれません。

付かず離れずが、サービスを、提供する側の、美徳なのでしょう。

できれば、サービスを受ける側が、着物を羽織る心得に、大判のハンカチを用意しておくのが、女性としての美しい所作なのかもしれません。

《着物を羽織る時の美しい所作》

成人式の日に、振袖を羽織る事は珍しくないでしょう。
姿を引き立てる、羽織り方が、出来ているかは、別の次元です。

洋服とは違い、動く仕草に変化を付けなければいけません。

・歩く時、足を、すーっと前に出し、小幅で歩きます。

地から足を離さない、常用しない歩き方になります。

・考えずに、常用した歩き方をしていると、美しくない所作に見えてしまうでしょう。

手の動きもそうで、大きい手振りは、品がありません。

・指の先を、魅せる仕草を心掛けると、女性らしい、嫋やかな動きになります。

意識が薄れるのに、極上の色気が、感じられるのが、首です。

・落ち着いた、首の動きが、大人の雰囲気を、誘います。

七五三、の言葉に困惑、傷心するかは、美しい所作を、身に付けるか、身に付けないか、で、決まるのではないでしょうか。

.

最終更新日:2017-12-28 15:32

コメント (0)